印刷

Tokyo P-TECH活動報告

1年生 IT講話

4月に第1回Tokyo P-TECHを行いました。

パートナー企業

▶︎シスコシステムズ合同会社
▶︎株式会社セールスフォース・ドットコム
▶︎日本アイ・ビー・エム株式会社

以上3社様にご協力して頂き1年生に向けてITについての講話をして頂きました。
また、特別ゲストとして東京都副知事「宮坂 学 様」にもお話をして頂きました。

▶︎当日の流れ


写真 校長挨拶

 「Tokyo P-TECHプログラムは、IT業界の先端で活躍する方々から
 ITに関する知識を直接学ぶ事ができ、生徒達にとってものすごく
 刺激になりチャレンジ精神が芽生え、ゆくゆくはITの世界で活躍
 したいという意思が芽生える良いプログラムだと思っています。」

 「本日から始まるTokyo P-TECHですが1年生の中にはこの
 Tokyo P-TECHに興味を持って入学した生徒が多数いると思います。
 このP-TECHで思う存分ITの事を学び、仕事をする楽しさ難しさを
 企業の方と直接交流する事で、肌で感じながら学んで下さい。」
 



写真 パートナー企業による講話

 パートナー企業の紹介
  写真上から順に
  シスコシステムズ合同会社 様
  株式会社セールスフォース・ドットコム 様
  日本アイ・ビー・エム株式会社 様
  以上3社がパートナー企業として講話をして頂きました。
 




写真

 講話内容
  1 パートナー企業社員の自己紹介
  2 会社紹介
  3 日々の仕事内容など
  4 なぜIT業界の道に進んだのか
  5 「スマートシティとIoT」について(シスコシステムズ)
  6 「Cloud3.0」について(セールスフォース・ドットコム)
  7 「プロダクトマネージャー」について(セールスフォース・ドットコム)
  8 「AI」の開発や活用について(日本アイ・ビー・エム)




写真


  上記のこと以外にも実際にIT業界で活躍されている
  社員の方々から様々なお話をして頂いたことで生徒も
  より一層ITへの興味・関心が沸いたのではないでしょうか。



 






写真 宮坂副知事によるスペシャル講演

 宮坂副知事にもご自身の学生時代や社会人としての経験についてなど
 様々なお話をして頂きました。

 生徒達は、宮坂副知事のお話に真剣に耳を傾け大切だと思った事など
 その都度メモを取るなどをしていました。
 宮坂副知事が「夢中は努力に勝る」という言葉、またその意味を講話で
 お話してくださったのですが生徒達のメモを見てみるとその言葉が
 生徒には強く印象に残ったようです




写真

 講話の後は、生徒達からの質問に答えて頂きました。
 <質問>
 ・宮坂副知事は普段どんな仕事をしていますか?
 ・高校生のうちにやっておくと良い事はなんですか?

 <宮坂副知事>
 ・あまり詳しく話せないのですが、メールを見て都庁でリーダー
  として様々な仕事をしています。
  質問に対する回答とは別にリーダーとしての考え方や
  大切なことをお話してくださりました。




写真

 ・何を勉強するかも大事ですがまずは、勉強することを
  習慣にしてください。勉強は一生ものなので是非
  テーマはなんでも良いので勉強をする習慣を
  つけてください。

  他にも様々な質問に答えて頂きました。
  終始、生徒は宮坂副知事の講話を集中して聞いていました。
  生徒にはとても貴重な時間になったと思います。
  ありがとうございました。
 




写真  パートナー企業とのパネルディスカッション

  このパネルディスカッションでは、パートナー企業の社員
 方々に生徒が質問をし、各社員の方々にご回答して頂きました。

 <質問>
 ・IT企業に向いている人はどのような人ですか?
 ・仕事をしていて楽しいこと、辛いことはありますか?





写真

 <回答>
 ・知的で好奇心がある事が大切、世の中の流れによって変化が
  激しいので臨機応変に対応できる人など。
 ・働けば働くほど世の中が良くなっていくのを感じれる良い
  仕事、エラーなどが出るとその対応が大変。

 他にも様々な回答をして頂きました。質問に対しIT企業の社員
 として働いている視点から回答を頂くことで生徒たちの意識や
 考え方を養う良い内容でした。





写真


 今回のIT講話には、NHKさんのカメラなども入りました。
 生徒がインタビューを受けるなどしていました。

〒194-0035 東京都町田市忠生1-20-2
電話 : 042-791-1035 ファクシミリ : 042-794-0443
E-mail : S1000155@section.metro.tokyo.jp
アクセス