印刷

「都立工業高校PRワークショップ」の報告

「都立工業高校PRワークショップ」の報告
 
 令和2年11月28日(土曜日)及び29日(日曜日)に日本科学未来館(江東区青海)において、「都立工業高校PRワークショップ」が実施されました。

「都立工業高校PRワークショップ」とは、都立工業高校が、先端技術や最新の特殊な技術を用いた精巧な作品等の展示やものづくり・実験等のワークショップを実施することを通して、新しい時代に対応した知識や技術を学べる学校であることを広く知ってもらうイベントです。当日は、展示時間を短縮し、ワークショップについても参加人数に制限を設けるなどして、感染予防に努めながら実施されました。

 本校からは、「飛沫防止スクリーン」と「植物プランタを日当たりの良い方向に自動的に運ぶロボット」を展示しました。

 

町田工業高校の展示

 また、3年生の廣川さんがワークショップの運営生徒として参加しました。廣川さんは「来場者の皆様に工業高校生の努力や、技術についてを知っていただけて嬉しく思います。 普通科だけでなく、工業高校への進学を考える人が増え、これからの未来に繋がる人財が増えたらいいなと思います。」と感想を話してくれました。
 
 運営スタッフとして参加した今年度新規採用の妹尾教諭は「会場にはたくさんの小さいお子さんたちが来てくださり、予想以上に活気があって驚いたというのが第一印象でした。そして、あくせく動く手伝い生徒達の献身性に感心しつつ、ご来場者に対し、普段見れないような積極性をもった対応をする生徒の一面も見ることができ、運営側も非常に有意義なショップであったと思います。」と感想を述べていました。
 
 2日間合わせて約500人の方にご来場いただき、誠にありがとうございました。
〒194-0035 東京都町田市忠生1-20-2
電話 : 042-791-1035 ファクシミリ : 042-794-0443
E-mail : S1000155@section.metro.tokyo.jp
アクセス